みどりの風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 磨崖仏へ

<<   作成日時 : 2017/03/21 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さくらの時期、小幡の桜を見物しながら磨崖仏の予定だったが
友人たちと日程が合わない
仕方ないかァ・・・
画像

ところが今日、近くの友人からどこか行かない?
早速、桜見物は駄目だが、磨崖仏のある小幡(長厳寺)へ向かった。
まだ小幡の堰の桜は蕾が固い、半月後にきっとこの通りは
さくらと見物客で賑やかになるのだろうな、、、、
13:30 長厳寺に到着
長厳寺の駐車場にトイレとハイキングコースの案内板があった。
山門に手づくりの杖がたくさん置いてあったので、お借りして寺の
寺の裏手から毘沙門天、観音堂を回る。
丸太の階段が続き山道が続く。
カメラがなかったので携帯カメラでパチリ。
スマホなら良く撮れるのにな・・・
遊歩道は手入れが良く標識がしっかり建っていた
画像

長厳寺の磨崖仏は顔のみであれば日本最大と 謳われる。
縦10m、横8mのお顔。
磨崖仏を彫刻したのは甘楽町の住民で、一人で 6年かけて制作し
完成したのは昭和60年とのことです。
まだ歴史は新しいようだ。
ハイキングコースは岩の露出が多く、石仏や小さい磨崖仏が
随所に見られる。
荒れた竹林や露出した大岩に木の根がしっかり絡んだり、
遊歩道は十分楽しむことが出来る。
画像

遊歩道は若いファミリーがジョギング、カップルが数組、
風が無く暖かい山を楽しんでいた。
石切り場
画像

ここは富岡製糸工場建設の際、瓦やなど建築資材を切り出した
場所だと言う。
近くに展望台があり、甘楽町が一望できた。
山道を1時間余りゆっくりと一周し駐車場に戻った。
軽い山道を散歩できて今日も幸せなひと時だった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
磨崖仏へ みどりの風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる